Search

●聖書について

004

聖書とは、キリスト教、ユダヤ教及びイスラム教の教典、正典です。世界で最も発行されている本としてギネス・ワールド・レコーズに登録されています。 聖書は、ユダヤ教およびキリスト教関連の宗教ではもっとも重要な宗教文書とされています。もっとも、旧約聖書と新約聖書の両方を聖書と呼ぶのはキリスト教の立場に基づくものであることは留意すべきです。 ユダヤ教にとっては、いわゆる新約聖書は教典ではないのですが、イスラム教にとっては両聖書(正確にはその一部)とクルアーンとはいずれも教典(又はそれに準じて尊重される文書)になっています(ただし、クルアーンが優越すると考えられていて、内容に齟齬がある場合はクルアーンの記述が優先されます)。

●ユダヤ教の聖書

003

ユダヤ教において、聖書とは、紀元前4世紀までに書かれたヘブライ語およびアラム語の文書群を指しています。 つまり、律法と呼ばれる文書(モーセ五書)を軸に、預言書(神からの啓示である預言の記述)および歴史書、諸書と呼ばれる詩や知恵文学を加えたもののことですね。 ユダヤ教の聖書は、キリスト教でいう旧約聖書と内容は同一です。紀元前4世紀頃には、この文書群が、「聖書」つまり統一された1つの書物として認識されるようになりました。現存する最古の写本は紀元前1世紀頃書かれたとされる死海写本に含まれています。 紀元前4世紀頃から、ギリシア語訳が作られるようになりました。有名なものにアレクサンドリアで編纂された七十人訳聖書があります。 現在、正典とされるものの範囲は、1世紀末のヤムニア会議で確定されました。正典とされる書物の範囲は本来慣習により多くは固定されていませんでしたが、エルサレム神殿崩壊ののち、ユダヤ教のキリスト教に対する民族的、宗教的結束を図る動きがあり、ヘブライ語・アラム語(アラマイ語)の原典の存在が知られていたもののみを聖書正典と定めました。 また、正典から除外されたものを、外典・偽典と呼んでいます。16世紀にキリスト教プロテスタント諸派が、このときユダヤ教が聖典としていた文書群の範囲を採用しキリスト教にとっての旧約聖書であるとしています。